絶対不変で、一貫した第1の国策

敬愛する金正恩総書記はチュチェ113(2024)年1月15日、朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第14期第10回会議で行った施政演説で、反帝・自主は正義、真理であり、尊厳と主権、平和と安全はこの道でのみしっかり守られる、朝鮮民主主義人民共和国が堅持する絶対不変で、一貫した第1の国策は反帝・自主であると闡明した。

朝鮮民主主義人民共和国は、反帝・自主を絶対不変で、一貫した第1の国策として不法・無法の二重基準で世界の平和と安定を甚だしく蹂躙(じゅうりん)し、侵奪している米国の極悪な自主権侵害行為を絶対に許さないであろうし、主権尊重と内政不干渉、平等と互恵に基づく国際的正義を実現し、新しい国際秩序を樹立するために積極的に闘っていくであろう。