朝鮮の民俗祝日はどういう特性をもっているのか

朝鮮の民俗祝日は一連の特性をもっている。

それは第一に、おおかたの祝日が農業生産活動と密接に結びついているだけでなく、農民たちの労働生活に合わせて合理的に決められているということ、第二に、民俗祝日に宗教的な行事が比較的に少ないということ、第三に、祝日を迎えながら家の内外を文化的、衛生的に整え、当日には健康によい季節料理をつくって食べ、楽天的な遊戯をしているということ、第四に、老人を尊敬し、隣人同士に助けあい、むつまじく暮らす朝鮮人民の伝統的な美風が反映されているということである。