多子家庭にたいする国家的な優遇措置

女性が子どもをたくさん産んで育てることは国の興亡、民族の前途と関連する重大事である。

朝鮮では子どもをたくさん産んで立派に育てる女性たちにあらゆる愛情と配慮がめぐらされている。

何年前から朝鮮では国家的な措置によって3名以上の子どもを産んで育てる女性に多産母治療権を発給しており、彼女たちに優先的に医療サービスをしている。

それだけでなく、以前から多産母に食糧と住宅をはじめ、生活条件を十分に保障するための施策が実施されてきた。

子どもをたくさん産んで立派に育てる多子家庭に対する国家の恩恵は日増しに大きくなっている。

多子家庭というとき、自分が産んだり、連れてきて養育したりする子どもを含めて3名以上の子を育てる家庭を言う。

国家では子どもを3名以上育てる家庭を漏れなく具体的に掌握して多子家庭証を発給する活動を行っている。

これとともに、3名以上の子どもを持った女性は定年退職のときになると勤続年限に関わりなく、2名以上の子どもを持った女性は勤続年限が15年以上の場合、国家からの恩恵を受けるようになっている。

このように朝鮮では、女性が子どもをたくさん産んで立派に育てることが祖国の未来を育てる愛国活動、国と民族の前途と関連する重要な問題となっているため、惜しみのない配慮が施されている。